株式会社ブロードエンタープライズ 採用担当ブログ

株式会社ブロードエンタープライズの採用に関する情報と 会社の日常、仕事の様子、社員の素顔などをお伝えしていきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

D R E A M

就職活動お疲れ様です、そろそろ内定を勝ち取った方が
増えてくる頃ですね。内定が決まったみなさんおめでとうございます!
まだまだこれからという方頑張って下さいね!

みなさん毎日就職活動大変だと思いますが、今の年齢になって
夢や目標を、じっくり見つめ直す時間は持ちましたか?
子供の頃からの夢に向かって、今も忠実に進んでいるという方は
素晴らしいと思いますが、なかなかそううまくはいかないですよね。

やりたい仕事が見つからないけど、とりあえず就職活動してる
なんて方も少なくないかと思います。僕自身も10年前は
『できることならサラリーマンなんかになりたくない』
『毎日スーツなんか着たくない』 『何か自分でやりたい』と思っていました。
その頃のサラリーマンのイメージなんて、毎朝死んだ魚のような目をしながら、
満員電車に揺られて、会社に行けば上司に怒られる、そんな毎日耐えられない
くらいに考えていました。でも残念ながら、その年齢で会社を興す勇気も能力も
お金もないし、日本人の過半数はサラリーマン(=給与所得者)という現実に
流れていくんですよね。じゃあどうすればいい?

子供の頃と全く同じです、サラリーマンでも夢を持つことは可能です。
一つ違うのは妄想だと意味がない、ただ野球が好きなだけで、野球経験も
乏しいのに『夢は大きくメジャーリーガー』なんて掲げても、それは初めてボールを
握った小学生より低レベルです。

仕事に夢を持つことが難しければ、プライベートな夢でいいんです。
そこで大切なことは、より具体的な(小さな)目標に落とすことです。
夢を実現する為に何が必要か、逆算すれば今何をするべきか
が見えてくるはずです。一つ一つ目標を積み重ねていくことで
夢に続く道ができる、その道筋がビジョンだと僕は考えています。
今のみなさんの立場で言うと、本当にこの会社で自身の夢が実現
できるかどうか、自分のビジョンと会社のビジョンが同じ方向を向いて
いるかを考えて下さい。

完全に同じ方向とは、なかなかいきませんが、自分のビジョンが東の方向なのに
会社のビジョンが西を向いてる、なんてことだけはないようにしましょう。
道筋(ビジョン)を考えずに、目先だけ見て夢に向かって前へ進んでいる時は、
西が前で東が前か、北が前で南が前か・・・「ややこしやぁ~、ややこしやぁ・・・
と自分でもわからなくなるものです。前進しているつもりが後退していると気付いた
時に選ぶ選択は、その会社で方向転換ではなく、離職という結論になると思います。

例えば40歳までに、社長になりたいという夢を持っていたとしても、社長のなり方
なんて教えてくれる会社も学校もありませんが、そのノウハウを盗める会社が
近道のはずです。逆に冒険せず、コツコツと働いて40歳までにマイホームを持ちたい
方は安定した昇給が見込める会社が合っているはずです。

『とはいっても、そう簡単に夢なんてでてこないよ・・・。』
それなら就職してからでも遅くはありません、ただし就職する前に、その会社の
理念やビジョン、トップのメッセージを何度も何度も読んでみましょう、そして真剣に
その意味を考えて下さい。そこに共感できるのであれば、それはあなたと会社の
向かうべき方向が、少なくとも同じ方角を向いているという証拠です。

既に社会人の方も、毎日の仕事に集中できない時は
自分の夢、会社の理念、目標、ビジョン
一度じっくり考えてみてはどうでしょうか?

『前へ、前へ、前にしか夢はない』とは、僕の好きな格闘技イベント
素晴らしいコピーですが、前は360°全方向が前なんです。
自分にとっての前とはどの方角か、しっかり考えて前進しましょう!





0011_1280.jpg
スポンサーサイト

| みなさんにお伝えしたいこと | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://broadmeiji.blog37.fc2.com/tb.php/27-d8569968

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。