株式会社ブロードエンタープライズ 採用担当ブログ

株式会社ブロードエンタープライズの採用に関する情報と 会社の日常、仕事の様子、社員の素顔などをお伝えしていきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カッコ悪いからこそカッコいい

昨日の社長ブログに『完璧ではないという前提』とありましたが
それについての僕の見解です。

仕事に慣れてくると、初心を忘れがちになります。昔はなりふり構わず
がむしゃらに突っ走っていた人も、地位(役職)や名誉(自信)を手に
入れたら、少なからず体裁を気にしてしまうものだと思います。

常に完璧でないといけないと思ってしまう。
でも、そうなると落とし穴にはまってしまうことが多いと思います。

『初心忘るべからず』

これは「初めて事に当たる新鮮な気持ちを忘れるな」
という理解が多いかと思いますが、実際は「物事を始めた頃の未熟で失敗ばかりで
あった時の記憶―その時に味わった屈辱や悔しさ、そこを切りぬけるために要した
様々な努力など、を忘れずに今の自分を戒める」という意味だそうです。

僕は社会的に地位のある方の、かっこ悪い姿に感動を覚えることがよくあります。
かっこ悪いとは、幅広いですが、勝負に負けることもそうですし、失敗をすることもそう。
言い訳せずに負けを受け入れる、失敗を認める、かっこ悪い自分を素直に認めることが
できる人は素晴らしいと思います。今の自分が完璧だと思っている人は体裁を気にして
到底無理ですよね。でもどんなに立場がある人でも、夢に向かってがむしゃらに
頑張る姿は泥臭いものだと思います。

今が完璧だと思ってしまったら、成長はない。そのカッコいい自分をどれだけ
飾っても所詮鍍金でしかありません。役職に溺れて部下に虚勢を張るような
人間にはなりたくないですね。

できないことはできない、でもできることを必死でやる、必死でやってひとつずつ
できないことを克服する!

その様がどれだけカッコ悪くても、それほどカッコいいことはないと思います。
カッコ悪いからこそカッコいいこともあるんです!




スポンサーサイト

| みなさんにお伝えしたいこと | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://broadmeiji.blog37.fc2.com/tb.php/52-16687fe4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。