株式会社ブロードエンタープライズ 採用担当ブログ

株式会社ブロードエンタープライズの採用に関する情報と 会社の日常、仕事の様子、社員の素顔などをお伝えしていきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう11月

今年も残り2ヶ月です。振り返ってみると、前半は会社説明会やセミナーで、
学生さんと話す機会が多かったのですが、普段話す機会が余りないような
若い方達ばかりで、目上の方と話すのとは、また違う刺激を沢山頂きました。

そんな中で僕が必ずする質問は

    『夢について』

若いからこそ、みんな大きな夢を持っているかと思いがちですが
この問いに即答できる子は少なかったです。

確かに僕自身も、この年齢の時には即答できていなかったと思います。
殆どの人が、ぼんやりとした将来像を模索している段階かなという印象でした。
子供から大人になり、自分の能力や環境、現実が見えて、子供みたいに
『夢はプロ野球選手』とか『宇宙飛行士』とか言えない歳ですから、仕方がない
のかもしれません。

でも中にはそれらを理解して、ハッキリと答える子もいました。
そんな子達は明らかに目の輝きが違うと感じました。

幼稚園児が答えるような夢を未だに持っている子もいましたが
聞かれたから、思いつきで昔の夢を答えるのと、今日この会社説明会に来ている
ことが夢への第一歩と捕らえている子では全然違う。

それは長期的な話だけではなくて、せっかく大切な時間を使って会社説明会に
足を運んでいるのに、今日この説明会に参加することの目的すら無しに
「とりあえず親に言われたから・・・」とか
「どこでもいいから内定・・・」って
考えてる子はどうしても、話を聞かずに足を組み出したり欠伸をしたりしてしまう。

和民の渡邉社長が、よくテレビ等で言う座右の銘『夢に日付けを』とありますが、
そこまで無理だとしても、長期的な目標(夢)と短期的な指標を明確にすることで
いくつかのマイルストーンが見えてくるはず。例えば今日このセミナーで、何を得て
帰るかをまず考えて、参加することが大切だと思います。

| みなさんにお伝えしたいこと | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会社と組織とキン肉マン

今日は組織について。当たり前のことですが、会社はひとつの組織です。
組織は人々の集まりである以上、1人ではできないことも、2人、10人、100人と
力を合わせることで、より大きなユニットを形成し、より大きなことができます。


組織という言葉を辞書で調べると

そしき 【組織】
(1)組み立てること。また、組み立てられたもの。
(2)特定の目的を達成するために、諸個人および諸集団に
  専門分化された役割を与え、その活動を統合・調整する仕組み。
  または、そうして構成された集団の全体。また、それを組み立てること。
(3)生物体を構成している単位の一つで、同一の機能と構造とをもつ細胞の集団。
  動物では、上皮組織・結合組織・筋肉組織・神経組織、植物では分裂組織・
  永久組織などに区別される。
【三省堂「大辞林 第二版」より】



とあります、(3)で説明されている通り、人間の体も複数の要素が
それぞれの役割を担い、組織を構成して生きることができる。


でも、体調が悪いと感じる時は、どこかの器官に問題が生じている。
放ったらかしにすれば、その周辺も影響を受け、最悪の場合は生命の危機に
まで至る、会社で言う倒産ですね。人間の器官には生きるという共通の目的があり
それぞれの間には血管が通っていて、血の流れで繋がっています。

企業においてこの血の流れは何でしょう?お金?商品?やはり人の間にあるのは
コミュニケーションでしょう。これは某有名コンサル会社の社長さんが仰られていたこと
ですが何らかの問題が起きたときに、その原因を追及すると、コミュニケーションに
問題があることが殆どだそうです。そりゃそうですよね、人間でも腕に血が通わなければ
最悪の事態を避ける為、切断するしかない。腕だけでは生きれないですよね。
また企業においては、他の腕を奪うという方法もありますが、他人の腕を奪って再生する
アシュラマンでさえ、テリーマンとの闘いでは、奪った腕が言うことを聞かなくなり
最終的に勝つことができませんでした。(←またキン肉マンです・・・。曖昧な記憶ですが)


fafafaf.jpg



組織とは、個人では成し遂げられない共通の目標によってベクトルを合わせる。
その目標こそが理念でありビジョンであると思います。共通の目標が一致して
いなければ、それは組織ではなく単に同じ行動をとる人の集団です。でも会社の
理念やビジョンは、言葉は誰でも理解できますが経営者(創業者)の真の意図を
理解するには、時間がかかります。単に毎日棒読みしていても意味がありません。
力で支配することは簡単ですが、浸透させるのって難しいですよね。

アシュラマンも改心して正義超人になってからは、他人の腕を奪ってないですからね。

前回に引き続き、キン肉マンネタですいません。次は20代前半向けに例えます。
ワンピースとか、よく知らないけどNARUTOとかの世代なんですかね?


| みなさんにお伝えしたいこと | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目標と夢

当社では4月に全社員が1年間の目標管理シートを記入し
毎月進捗状況をチェックしています。もうすぐ上期が終了しますが、
計画以上の成果を上げている人とそうでない人もいるかと思います。

でも現時点でできていない人は、単なる進捗チェックではなく
その理由をよく検証して欲しいと思います。

・単に自分のスピードが遅かったのか
・予想していない変化があった、業務が増えた
・失敗が重なった
・アクシデントがあった

・そもそも自分の能力、キャパを超えた目標設定をしていた

いろいろあるかと思いますが、1年間という限られた時間の中で
目標を遂行する為には、必ず計画が必要。
1年先のことを計画なしに突き進める人はいないと思います。
いきあたりばったりでは、必ずどこかで行き詰ると思います。

その為に目標を半期に分けて、さらに1ヵ月ごとにやるべきことを
計画し、面談で上司にアドバイスを貰う。

よく考えて欲しいのは毎日の仕事もその1ヶ月を細分化した一歩で
あるいということ。例えばもし残業が増えているなら、その日の
スケジュールをよく見直してみましょう、どこかで計画通りにいって
いない所があるはずです。1日の始まりの前、一日の終わりに10分
だけでいいので、考える時間を作ってみたら、その10分で30分以上
業務を効率化できると思います。

ここでいうスケジュールや計画とは単なる行動予定ではなく、
その行動を行った後の効果も予測できなければ意味がありません。

1年後の予定は曖昧でも、明日の予定や1時間後なら予測できますよね?

何事もPDCAです!

そもそも1日のスケジュールも無しに行動したり、予定通りに進んで
いなくても平気な人は、まず目標の先に自分の夢が重なっているかを
考える必要があるかもしれないですね。

1日1日一歩一歩着実に進んで1年間の目標(ゴール)に到達する
でもそこが最終ゴールではなく、その先に自分の夢があるということを
しっかり見据えて頑張っていきましょう。

| みなさんにお伝えしたいこと | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日からお盆休みです

弊社の経営理念に
全従業員が自己の夢を叶えるべく強い信念を持つ
というフレーズがあります。

会社から与えられたことを強制されるのではなく、今やっている
ことが自分の夢の一歩である、自分の夢を叶えたいという信念を
持っているから、日々の仕事に情熱を燃やせる、お客様の為に
笑顔を追求できるということです。

目の前のことだけでいっぱいいっぱいであれば
何の為に今この仕事をやってるの?と必ず壁にぶつかる

僕は会社説明会で学生さんにも、必ず夢や目標・ビジョンについて
質問します。多くの学生さんは人生の岐路に立ち、悩んでいます。
即答できる人は少ないです。

でも、少々曖昧でも何か先のものを描きながらセミナーに参加している
学生さんと、なんとなく来た学生さんでは表情が違います。
どんなにバカバカしくても、どんなに小さな夢でも持っている学生さんは
眩しいくらい輝いています、イキイキしています、逆に僕がその情熱に
憧れてしまう程の方もいます。

弊社は明日からお盆休みですが、僕もこの休み中に帰省している
学生時代の友人達と会う約束をしているので、
10年前を思い出して、夢について語りたいと思います。



17日(日)まで夏季休業ですが、休み中もプライベート日記を
アップしたいと思います。(思っています・・・)

| みなさんにお伝えしたいこと | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイデアマン

弊社の経営理念に全員参加や全従業員参加型というフレーズが
あります。社長は社員に対して、何でもいいからみんなでアイデアや
意見を出そう、発言しよう、稟議書出そうと呼びかけます。

内容がしっかり伴った意見やアイデアであれば、年齢・役職・立場に
関係なく社長直々に耳を傾けてもらえます。そして最短距離で
実現出来る体制を整えもらえるし、その仕事を任せてもらえます。

ただ勘違いしてはいけないのが、アイデアを投げることが
参加ではなく、出したアイデアについて、期待できる効果を明確にし、
そのゴールに対して努力することが参加だということです。


何かの記事で
『最近の若者はアイデアだけで成功できると
    思っている人が多く、努力や訓練を怠る人が多い』
 と言うのを目にしました。

努力や訓練なしに、いいアイデアが生まれる訳がないと思います。
まずは必死で努力して壁にぶつかって、壁を乗り越える為に考えて、
初めて良いアイデアが生まれると思います。たとえ失敗しても、
全力で努力して失敗したなら、必ず失敗を乗り越える為の新しい
アイデアが生まれるはずです。その失敗を乗り越えることが訓練だと
思います。

アイデアマンと呼ばれるような、創造力豊かな人は素晴らしいと思いますが
思いつきのアイデアを投げただけで、他人が動いてくれるほど甘くありません。
机上の空論で終わらせないように努力したいですね。


| みなさんにお伝えしたいこと | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。